黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

守口大根
数量

守口大根

商品番号 014671
価格 0円

本市の伝統野菜である「守口大根」が、8月29日に大阪府の「なにわの伝統野菜」に認証されました。
「守口大根」は、長さ1m以上、長いものでは2m近くにもなる世界一長い大根で、主に、漬け物として食されます。現在は、愛知県・岐阜県の木曽川沿いで栽培され「守口漬」として販売されています。
16世紀ごろから20世紀初頭まで大阪市から守口市の淀川沿いで栽培され、その後宅地化等で大阪府内での栽培は途絶えていましたが、この程、守口都市農業研究会が守口市での復活に向けて取り組んでいます。

◎守口大根の由来

 豊臣秀吉が、守口の地で長大根の「香の物」を食し大いに賞賛し、その名を「守口漬」と命名したことから、「守口大根」と呼ばれるようになったと伝えられています。守口大根の栽培の歴史は古く、大阪城が築城される以前から(16世紀ごろ)、淀川沿いの大阪天満宮付近や長柄、橋寺付近に栽培地が点在しており、当時の一寒村であった守口の中洲(外島、狼島、土居)で栽培されていたが、大阪城が築城(1583年)され城下町の発展とともに付近の市街化が進み、江戸時代後半にはこの付近の長大根の栽培は消滅した。現在は、愛知県・岐阜県の木曽川沿いで栽培されている。
 秀吉は、築城したばかりの大阪城と京とを往復する折に、淀川沿いの寒村守口の地で休息をとり、この長大根を用いた家伝の「香の物」を献上したところ、秀吉はその風味が格別で大いに賞賛し、その名を「守口漬」と命名したことから、後に守口大根と呼ばれるようになったと伝えられている。
(大阪府守口市ホームページより引用)

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN