黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

勝間南瓜
勝間南瓜
数量

勝間南瓜

商品番号 06000
価格 600円
大阪市西成区玉出町(旧勝間村)で生まれた伝統品種。江戸時代の万延元年(1860)に、勝間村の庄屋他百姓代らが天満の青物市場問屋年行司あて、野菜七品種に限り同村内での『立ち売り許可願』を申し出ており、その中に『南京瓜』が記載されていたことから、このかぼちゃのことを勝間南瓜と呼んだものと考えられる。昭和十年代に途絶えた品種であるが、平成十二年に木津市場の石橋明吉氏が、和歌山の農家で種子を探し当て、今、甦りつつある。  現在、西成区の正根神社の「勝間南瓜祭」でももちいられている。
シーズン前半は濃い緑色をしていますが、後半にしたがい、熟成されて茶色に変色していきます。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN