黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

桃太郎トマト(小)
数量

桃太郎トマト(中)

商品番号 192
価格 150円
トマトは、南米のアンデス高原(標高3000mの高地)が原産です。
アンデスでは紀元前1000年には栽培されていたという説もあるようですが、 一般には
10世紀ごろメキシコに持ち込まれた野生種のトマトが栽培化されたという説が有力のようです。 1530年頃にスペイン人の航海家によってジャガイモと共にヨーロッパにもたらされました。最初は観賞用として栽培されていましたが、 1600年頃から南欧諸国で煮物やケチャップとして食用にされるようになります。 日本には17世紀に紹介されました。ヨーロッパに持ち込まれた時と同様に最初は観賞用で、 一般に食べられるようになったのは明治になってからです。ケチャップの普及とともに全国に広まったようです。
現在いちばん多く出回っているのが桃太郎トマト。熟してもしっかりした果実で、果肉がくずれにくい品種として開発されました。トマトのふるさと南米のアンデス山脈は、きわめて雨の少ない地域で、これを反映してかトマトは雨が多いことをきらいます。寒い時期は温室やハウスの中でつくられていますが、最近では夏のトマトもビニールなどで雨よけをしてつくられることが多くなっているようです。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN