黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

本エノキ
数量 パック

本エノキ

商品番号 347
価格 0円
エノキタケはシメジタケ科のキノコで、野生のものは「ユキノシタ」という名前で呼ばれたりするそうです。晩秋から冬、そして春にかけて成長します。幾分ぬめりがあり美味しいため、古くから食用とされていました。しかし、天然の露地ものは非常に珍しく、貴重な存在となっています。現在市場に出回っているエノキタケはほとんどすべてが人工栽培ものです。添加物などは使いませんが、大量生産のため菌を培養する工程上、カップを使い工場の中で光をあまり当てずに育てられます。
しかし、そうした栽培方法の中にあっても、元来の天然エノキタケの特色を強く示し、黄金色で大きく育つエノキタケが生まれてきました。中田産業ではこの黄金色のエノキタケに注目し、バイオ技術によって培養し固定することに成功。 生産方法に関しても数々の特許を取得して天然露地ものに近いエノキ「ほんえのき」として発売しました。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN