黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

写真はイメージです。
大阪・泉州の小芋
数量

大阪・泉州の小芋(大/1p/500g)

商品番号 372819
価格 380円
「さといも」は、山に自生する「やまのいも」に対し里で栽培される芋であることから、その名で呼ばれているそうです。また「さといも」は、親芋の回りにたくさんの子芋ができることから、子孫繁栄の象徴として、お正月などの縁起物としても用いられています。 丸くて形のよい泉州さといもは、よく十五夜のお月見に団子との煮物に使われ、別名「月見芋」と呼ばれて、親しまれてきました。
泉南地域では、大正12年に旧新達村(泉南市)の松下喜次郎氏が天満市場で河内の旧石川村(河南町)の坂梅氏からさといも(石川早生)が換金作物として有利であると聞き、種芋を両手いっぱいもらって栽培したのが始まりだそうです。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN