黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

有田みかんは日本屈指のみかん生産地である果樹王国紀州和歌山を代表するブランドです。、中でも有田市新堂地区で生産されたものを「新堂みかん」、有田郡湯浅町田地区で生産されたものを「田村みかん」と呼び、みかんのトップブランドの一つとされています。その生産量には限りがあり、百貨店や高級フルーツ専門店に陳列される事も多い。
みかん(S)
数量

田村みかん(中/8ヶ入)

商品番号 611000000
価格 300円
みかんに「温州(うんしゅう)」とついているため、原産地は中国ではないかと思われがちなのですが、ルーツは鹿児島県であろうとされています。
永年この貴重な果実が広まらなかったのは薩摩藩の閉鎖性によるとの説もあります。
これとは別に、紀州には小みかんがあり、紀伊国屋文左衛門が江戸に運んだみかんです。
みかんは江戸時代からありましたが、全国に普及したのは明治時代以降のようです。
その後、大正、昭和と進む間に、庶民の果物として定着しました。
戦中、戦後の飢餓時代も、庶民の憧れの果物でしたし、経済の高度成長と農業基本法の制定後は、選択的拡大品目の寵児としてもてはやされました。
日本列島みかん山だらけというほどの急成長の後、一転して無残な生産調整と廃園事業というのがみかんの辿った軌跡です。
みかんブームのピークは昭和50年頃で、当時全国の生産量は300万トンを超え、消費量も一世帯あたり77キロであり、大いに作り大いに食べた時代でした。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN