黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

デコポン
数量

有田のデコポン(中)

商品番号 61690
価格 300円
デコポンは、1972年に清見(きよみ)タンゴールとポンカンを交配して育成された柑橘類です。
品種名は「不知火(しらぬひ)」。「デコポン」は登録商標で、不知火のうち一定の基準をクリアしたものだけが、その名を使用することができる、全国統一糖酸品質基準を持つ日本で唯一の果物だそうです。
品種名の「不知火」は、最初に産地として穂木が持ち込まれ栽培された不知火町に由来する。正規の手続きを経ず産地へ流出したために種苗登録はされていない。熊本県では、不知火の中で糖度13度以上のものを選択して、「デコポン」の名称で商品化された。当初は熊本県産の「不知火」以外には「デコポン」の名称を付けることが禁止されていたため、他県の「不知火」には「ヒメポン」(愛媛県)、「キヨポン」(広島県。「ヒロポン」だと覚醒剤と同じ名称になり消費者へのマイナスイメージにつながるため)、「フジポン」(静岡県)や「ラミポリン」(鹿児島県)など別の名前が付けられ、市場・消費者の混乱をまねく結果となった。このため、関係機関で協議した結果「デコポン」に名称を統一することとなり、熊本果実連と日本園芸農業協同組合連合会(日園連)との間で商標権使用許諾契約が締結された。これを受けて日園連傘下の農協が出荷する「不知火」のうち糖度13度以上、クエン酸1.0%以下の基準をクリアしたものには産地にかかわらず「デコポン」の名称を使用して良いことになり「デコポン」の名称が幅広く普及したようです。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN