黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

ずいき
数量 パック

紅ずいき

商品番号 630000
価格 550円
「ずいき」とはサトイモの葉柄(ようへい)をいいます。サトイモはインド東部からインドシナ半島が原産地です。日本へは中国南部を経て、縄文時代中期に渡来しました。
干したずいきは貯蔵性に優れるため、加藤清正は熊本城を作った際に畳の床材としたり、女性の着物に縫い込んだりして、飢饉や戦の際の非常食として活用したそうです。
ずいきを漢字で書くと「芋茎」。「芋苗」とも書きます。名前の由来は、芋の中心から出た茎ということで「髄茎(ずいき)」と呼ばれたという説と、南北朝時代の臨済宗の僧「夢窓国師漱石」の詩「いもの葉に置く白露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」から取られたという説があります。
0
昔は染物にも使われていたほどですから、切り口が服についたら色がとれません。薄皮をむいた後、手を洗ってもなかなか汚れが取れないので、最近ではすっかり敬遠されがちな食材になってしまいました。赤い「紅ずいき」、青い「ハス芋」、白い「ダーツ」があります。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN