黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

主産地:大阪・奈良
真菜(まな)
数量

真菜 大和真菜 高山真菜 まな

商品番号 72781
価格 450円
豊能町の高山地区で江戸時代から栽培されている菜種菜(なたねな)の一種だそうです。つぼみができた後に花野菜としても食られるそうです。

高山右近の生誕の地としても有名な豊能郡豊能町高山では、昔ながらの高菜が今も栽培されています。真菜はアプラナ科の野菜で、菜種菜(なたねな)の一種とされています。各地に真菜と呼ばれている菜はありますが、高山真菜のような菜は他にはないものだと言っていいでしよう。
その栽培歴はおそらくは2百年から3百年前に遡るのではないかともされています。隠れ里であったことも幸いして、近郊で栽培される他の菜と交雑することもほとんどなく、昔のままの種子が今も受け継がれているのは驚くばかりです。
高山では高菜は1月頃に柔らかな若菜の部分を、また3月頃には花の咲く前の蕾の部分を収穫し塩洪けにして食べるそうです。このような高菜を広く大阪府民に知ってもらおうと、豊能町では毎年3月に「真菜祭り」を行っています、祭りに参加した人達が自分の手で高菜を摘み、初春の一日を土に親しんで過ごすこのお祭に参加する人は年々増えているそうです。
最近ではフレンチやイタリアンのお店で急激に人気が高まっているようで、真菜をオリーブオイルで炒め、ドレッシングで前菜風にして出すお店などもあるようです。
炊いた時の茎の柔らかさと甘さ、そして菓のわずかなアクが旨みとなっています。できれば生食をオススメいたしますが、日持ちがしないため塩漬けの利用法も考えたいものです。そんな高菜の味わいがはっきりと分かる料理法をひとつあげるとするなら、サッと湯がいたお浸しを辛子醤油で食べるといったシンプルな食べ方ではないでしょうか。
またドレッシングでサラダとして食ぺるのもいいですし、真菜を御飯に混ぜ合わせると何とも春らしい色合いと味わいを満喫することができるでしょう。
緑野菜が不足しがちな厳寒期に真菜は栄養的にも優れた野菜であることが認められています。カロチン・カルシュム・ビタミンCなどを豊富に含み、特にカロチンが豊冨な栄養価の高い菜だとされています。

「真菜のからし和え」 ・真菜は塩少々を入れた熱湯で色よくサッとゆで、すぐに冷水にとり水気をしぼっておきます。出汁に薄口醤油、辛子、酢を合わせ真菜を入れて和えます。
「真菜のマヨネーズサラダ」 ・真菜は塩少々を入れた熱湯で色よくすばやくゆで、冷水にとり水気をしぼります。次にマヨネーズと辛子をまぜ合わせ真菜とあえます。
「真菜の玉吸」 ・寒い時期に暖まる真菜のお吸い物はいかがでしょうか。真菜は塩を入れた熱湯で色よくゆでておきます。これを3〜5センチ程度に切っておきます。お鍋に吸い口のだし汁と溶き卵に水溶き片栗粉を混ぜたものを合わせ静かにかき混ぜながら煮立てます。椀に真菜を盛り入れ玉吸を流し入れます。
資料提供:NPO法人 浪速魚菜の会

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN