黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

チシャ サンチェ
数量

チシャ サンチェ

商品番号 790
価格 200円
歴史の古い野菜で、古代ペルシア・ギリシアでの栽培は紀元前4,500年ほど前まで溯ると云われています。中国には5世紀頃に中央アジアを経由して伝来したそうです。その後、中国から平安時代に渡来し、“本草和名(918年)”には“知佐(チサ)”として収録されていて、その“知佐(チサ)”は、“乳草(ちちくさ)”が略され“チサ”となり、更に転訛して“チシャ”となったと云われています。
明治時代初期に栽培が始まった、キャベツがたちまち日本の食卓になじみ主要な野菜になったのに対しチシャ(レタス)は、横浜市などで一部の農家が外国人やレストラン、ホテル向けに栽培しているだけでした。余程、日本の食事には相性が悪かったようです。第2次世界大戦後になると、アメリカで品種改良された結球タイプの玉レタス(クリスプヘッド)が、在日アメリカ軍の必要不可欠な生鮮野菜として、栽培が始まり急激に増えました。
日本では玉レタス(チシャ)が最も一般的ですが、結球しない葉チシャが、最近市場に良く出ているのは、葉チシャの1つであるサンチェが韓国ブームに伴って知られたからでしょう。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集
友活・恋活・婚活
モンハンオフ会
飲み会・イベント情報

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN